評判上々「日光・鬼怒川サイクルトレイン」 自転車そのまま普通列車に 東武が通年実施

東武鉄道は、自転車を折りたたまずに電車内に持ち込めるサービス「日光・鬼怒川サイクルトレイン」について、実証実験を終了し、2023年4月8日(土)から通年で利用できる本実施に移行します。

「日光・鬼怒川サイクルトレイン」車内の利用イメージ(画像提供:東武鉄道)
「日光・鬼怒川サイクルトレイン」車内の利用イメージ(画像提供:東武鉄道)

実証実験アンケートで満足度85%

実証実験は、自転車愛好者に優しい観光地づくりを目指す日光市観光協会と連携し、日光・鬼怒川エリアで2022年11月24日から実施されてきました。車内やホーム上、駅構内でのトラブルや混乱はなく、安全に利用できるサービスであることを確認できたとして、正式にサービスインします。

実証実験中には、インバウンド観光客を対象にサイクルトレインを活用したモニターツアーも実施されました。自転車で巡りながら日光地域の伝統や文化、自然を体験できる内容でしたが、実施後アンケートでは満足度が85%を超え、サイクルトレインによる沿線観光の魅力向上に大きな手応えを得られたようです。

サイクルトレインの対象区間は日光線・鬼怒川線の東武日光駅〜下今市駅〜鬼怒川温泉駅間で、乗降できるのは東武日光駅・下今市駅・鬼怒川温泉駅の3駅のみです。平日・土休日とも10:00〜15:00に出発する普通列車(東武20400型車両)に持込可能で、特急列車やSL「大樹」などは対象外となります。

平日・土休日を問わず通年で利用できますが、混雑するゴールデンウィーク(4月27日〜5月7日)、お盆(8月9日〜16日)と秋の行楽シーズン(10月15日〜11月23日)は除外日となります(「日光・鬼怒川サイクルトレイン」対象列車の運転時刻、持ち込みできない自転車など詳細は下の図表を参照)。

【時刻表で解説】「日光・鬼怒川サイクルトレイン」対象列車の運転時刻、持ち込みできない自転車

持込料金は無料も事前申込が必要

持ち込める自転車の台数はお一人につき1台です。乗車券のほかに持込料金はかかりませんが、発車の30分前までに乗車駅で事前申込し、利用許可書を受け取る必要があります。自転車を持ち込める車両は浅草寄りの1両で、1列車あたり最大6台までの台数制限があります。

紐など固定具の携行は義務づけられていませんが、急停車に備えてハンドルとサドルを手で押さえて乗車するよう求められます。スタンドのない自転車を車内に持ち込みたい場合は、転倒を防ぐため、取り外しが可能な簡易型スタンドを用意する必要があります。また、駅構内では階段は使わず、エレベーターやスロープを使って移動するよう呼びかけられます。

東武グループは日光・鬼怒川エリアの活性化に取り組んでおり、世界で唯一となる「歴史・文化・伝統と自然が共生する国際エコリゾート」の確立を目指しています。CO2排出の少ない電車と自転車を組み合わせて利用してもらうこともこの一環で、自然環境に配慮したエシカルトラベルの選択肢として、サイクリストやファミリー層、インバウンド客などに周知を図ります。

【宿泊プラン】首都圏から行けるワンランク上の温泉旅館にお得に行こう 草津・伊香保・四万|日光・鬼怒川・川治・湯西川・那須|箱根|伊豆(提供:東武トップツアーズ)