7年ぶり南阿蘇鉄道が全線開通 JR乗り入れ開始 「ONE PIECE」コラボで列車が海賊船に!

2016年(平成28年)4月に発生した熊本地震により線路設備が大きな被害を受けた南阿蘇鉄道は、新たな運営体制のもとで2023年7月15日(土)に全線で運転を再開します。

(7月10日更新) 復旧の経緯について一部内容を書き換えました。

立野駅に停車中のトロッコ列車「ゆうすげ号」をけん引する南阿蘇鉄道DB16形ディーゼル機関車(キャラメルhanabi/写真AC)
立野駅に停車中のトロッコ列車「ゆうすげ号」をけん引する南阿蘇鉄道DB16形ディーゼル機関車(キャラメルhanabi/写真AC)

新型車両「MT-4000形」が豊肥本線に直通

南阿蘇鉄道のシンボルの一つに、立野駅〜長陽駅間の白川に架かるアーチ橋「第一白川橋りょう」が挙げられます。川の水面から約60m高い位置を走る列車からは立野渓谷の絶景が眺望でき、観光用トロッコ列車「ゆうすげ号」は橋りょう上で徐行運転を行っていました。

熊本地方で数日間にわたり連続した大きな揺れは南阿蘇鉄道にも深刻な被害をもたらしました。第一白川橋りょうは橋台の移動や沈下、橋の部品の破断や変形などの被害が生じ、架け替えが必要と判断されました。また、土砂流入やトンネル損傷なども多数発生し、立野駅〜中松駅間の10.6kmは現在も運転見合わせが続いています。

最初の復旧工事に着手したのは2018年(平成30年)3月で、国や地方自治体からの補助金のほか、全国から義援金などの応援を受けながら約5年間かけて被災箇所の修復が完了しました。現在は約7年3か月ぶりの全線開通に向け、不通区間も含めて試運転が行われています。

路線の運営体制は、将来にわたって持続可能とするため「上下分離方式」に刷新されます。熊本県と高森町、南阿蘇村が設立した一般社団法人「南阿蘇鉄道管理機構」が第三種鉄道事業者となり、南阿蘇鉄道から無償譲受した鉄道用地や施設の保有・管理を行います。第二種鉄道事業者となる南阿蘇鉄道は同機構から施設を無償で借り受け、運行や利用促進に専念することで収益性の向上を図ります。

2022年11月には25年ぶりの新型車両となる「MT-4000形」を導入し、2023年4月から営業運転を開始しています。白いボディに白川や阿蘇五岳をイメージした流れる形状のラインがあしらわれた従来車両にないデザインで、外国人観光客の受け入れ体制強化のため多言語での案内に対応しています。

MT-4000形はJR線への乗り入れに対応した運転保安装置を搭載しており、全線復旧を機に豊肥本線の肥後大津駅まで直通運転する普通列車が新設されます。沿線住民への利用意向調査をもとに実現したもので、朝時間帯に高森駅〜肥後大津駅間で1日2往復運転します。肥後大津駅〜阿蘇くまもと空港間には無料の連絡バスが運行しており、乗り換えの手間が減ることで観光客の流入も期待できます。

(南阿蘇鉄道の路線図、トロッコ列車「ゆうすげ号」や「サニー号トレイン」の時刻表など詳細は下の図表を参照)

【路線図で解説】南阿蘇鉄道の路線図、トロッコ列車「ゆうすげ号」や「サニー号トレイン」の時刻表

トロッコ列車「ゆうすげ号」も全線運転に拡大

震災前の統計では、南阿蘇鉄道の運賃収入のうち約4割をトロッコ列車が占めていました。車両そのものが観光資源である「ゆうすげ号」は、今後も同社の“稼ぎ頭”の役割を担います。全線運転再開日の7月15日(土)は特別ダイヤが組まれるため「ゆうすげ号」は運休しますが、翌16日(日)から運転区間が立野駅〜高森駅間の全線に拡大し、土休日を中心に1日2往復するかつての運転体系に戻ります。

一方、熊本県出身の漫画家・尾田栄一郎さん原作の人気漫画『ONE PIECE』と連携した「ONE PIECE 熊本復興プロジェクト」の一環として、新たな復興のシンボルとなるコラボ列車が登場します。MT-3010形車両の内外装が海賊船仕様にカスタマイズされ、「サニー号トレイン」として7月22日(土)にお披露目されます。木〜日曜・祝日のみ1日3往復の運転で、運賃のみで乗車することができます。

再スタートを切る7月15日(土)からは、阿蘇エリアをおトクに周遊できるデジタルチケットがスマートフォンアプリ「my route」で発売されます。熊本県観光連盟が実施する「熊本型観光MaaS」の実証事業として展開されるもので、利用開始操作から24時間、南阿蘇鉄道やJR九州の列車、九州産交バス(本社:熊本市)などの路線バスがスマホ画面を提示するだけで乗り放題となります。

おねだんは、南阿蘇鉄道沿線を中心としたフリーエリアの「みなみあそ旅のレールバス」が1,900円、阿蘇市や小国町などを範囲に加えた「あそ旅のレールバス」は2,900円です(いずれも大人用のみ)。8月10日(木)からは、熊本市内から周遊エリアまでの片道または往復の交通をセットにした「アクセス券」の発売も予定しているとのことです。

るるぶトラベル
全国19000軒以上の宿からの予約が可能な国内宿泊予約サイトです。24時間予約 ・当日予約OK! 
ホテルを探す (提供:るるぶトラベル)