小児IC運賃「全区間一律50円」3月12日開始 小田急 小児通学定期・フリーパスも値下げ

小田急電鉄は、2022年3月12日(土)に小児IC運賃を一律50円とするなど各種運賃・料金の改定を実施します。

小田急4000形電車(ジュンP/写真AC)
小田急4000形電車(ジュンP/写真AC)

「小児IC運賃の全区間一律50円」は、小田急電鉄が子育てしやすい沿線環境を実現するために取り組む施策です。現在、小児用ICカード利用時の運賃(1円単位)は区間により最安63円〜最高445円となっていますが、ダイヤ変更と同日の2022年3月12日(土)からすべての区間において一律50円に値下げされます。小児IC運賃が持続的に大人運賃の半額以下に一律で引き下げられるのは、全国の鉄道で初めてのことです。

小児IC運賃の引き下げに併せて、小児用の通学定期券は磁気券・ICカードとも全区間一律で1か月800円となります(詳細は下表を参照)。

また、観光スポットへおトクにお出かけできる各種フリーパスの料金についても小田急線利用分が値下げされます。例えば、新宿駅発の「箱根フリーパス(2日間)」小児料金は現行の1,500円から1,100円に改定されます(詳細は下表を参照)。ただし、「江の島・鎌倉フリーパス」(デジタルチケットを含む)については2022年3月12日(土)付けで大人用を含めて料金見直しが行われるため、一部区間の小児料金は改定前の方が安くなります。

【図表で解説】小田急 2022年3月12日(土)から小児IC運賃などを低廉化

今回の小児IC運賃引き下げに合わせ、小児用ICカードの普及を目指したキャンペーンが実施されます。2022年2月10日(木)〜3月25日(金)の期間中、新規に小児用PASMOを小田急線各駅または定期券うりばで購入した方を対象に、特急ロマンスカー・GSE(70000形)がデザインされた「オリジナルICカードケース」がプレゼントされます(デザインは写真を参照)。

小田急電鉄は2021年11月に「子育て応援ポリシー」を掲げ、“お子さまの笑顔を作る子育てパートナー”であることを宣言しました。子どもの成長をと子育て世代を支えるために鉄道会社ならではのアプローチを行い、行政や企業など地域と連携しながら「子育てしやすい沿線」を目指していくとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉