西九州新幹線開業でネット割引1050円値上げ 「ふたつ星4047」も乗れる往復きっぷ登場

JR九州は、2022年9月23日(金・祝)の西九州新幹線に合わせて割引きっぷや定期券を設定するとともに、現在発売している一部の割引きっぷの発売を終了します。

西九州新幹線「かもめ」として運行するJR九州N700S(画像提供: JR九州)
西九州新幹線「かもめ」として運行するJR九州N700S(画像提供: JR九州)

新幹線経由「かもめネットきっぷ」

「JR九州インターネット列車予約」限定で発売される「かもめネットきっぷ」は、乗車券と指定席特急券がセットになった片道タイプの割引きっぷです。西九州新幹線を経由する10区間に設定され、通常のきっぷと比べておトクな通年同一価格で利用できます。また、「博多駅〜浦上駅・長崎駅間」の区間のみ、3日前までに予約が必要な「かもめネット早特3」や、期間限定で7日前まで予約の「おためし! かもめネット特割7」(2022年12月31日(土)利用開始分まで)も併せて発売されます。

現在設定されている、長崎駅・諫早駅などを発着とする区間の「2枚きっぷ」「九州ネットきっぷ」等は発売終了となります。西九州新幹線経由となることに伴い割引きっぷの価格も見直され、「博多駅〜浦上駅・長崎駅間」では現行の「九州ネットきっぷ(指定席)」が3,150円であるのに対し、新幹線経由の「かもめネットきっぷ」は4,200円で、1,050円の値上げとなります。

西九州新幹線と、佐賀・長崎エリアの特急・普通列車の普通車自由席が2日間乗り放題となる「いい旅! 西九州きっぷ」も新たに発売されます。2022年12月31日(土)利用開始分までの期間限定発売で、おねだんは大人9,230円、小児はさらに割安な2,490円で、家族での新幹線試し乗りにもおトクに使えそうです(割引きっぷのおねだん、利用可能区間の路線図など詳細は下の図表を参照)。

【路線図で解説】JR九州 西九州新幹線開業に伴い発売する割引きっぷ

「かもめ」「ふたつ星」両方楽しめる

西九州新幹線と同日の9月23日(金・祝)にデビューするD&S列車(観光列車)「ふたつ星4047」に乗車できる、ユニークな割引きっぷも登場します。「かもめぐるりんきっぷ」は行きに新幹線、帰りに「ふたつ星4047」というように、乗車列車を組み合わせて利用できる往復タイプの割引きっぷです(逆の経路も選択可)。長崎駅〜武雄温泉駅間の往復利用(2日間有効)のほか、特急「リレーかもめ」にも乗車できる博多駅・佐賀駅〜長崎駅間(3日間有効)の設定もあります。2023年3月31日(金)利用開始分までの期間限定商品で、博多駅発のおねだんは大人9,300円・小児4,650円です。

そのほか、西九州新幹線利用の定期券「新幹線エクセルパス」や、在来線定期券と組み合わせることで新幹線に乗車できる「定期券専用新幹線特急料金回数券」(2022年12月31日(土)有効開始分までの期間限定)も発売され、通勤・通学での新幹線利用に対応します。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉