成田空港発のJR 日中も一部が千葉止まりに 房総ダイヤ改正 1時間以上の終電繰り上げも

JR東日本は2023年3月18日(土)にダイヤ改正を実施し、日中時間帯に成田空港直通列車の運転を見直すほか、総武本線・内房線で最終列車の発車時刻を繰り上げます。

内房線・外房線などで運行しているJR東日本E131系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)
内房線・外房線などで運行しているJR東日本E131系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)

総武線快速の減便で千葉折り返しに

利用状況に合わせた輸送体系とするため、日中時間帯に総武線快速の運転本数が見直されます。これに伴い、現在は1時間あたり1本または2本設定されている成田空港駅発着の快速列車が毎時1本へと変更されます。

運転が取り止められる快速と同じ時間帯には、8両編成で千葉駅始終着の成田線普通列車が設定され、千葉駅〜成田空港駅間に限っては現行の運転本数が確保されます。千葉駅で折り返す成田空港駅発着の普通列車は現在、朝および夕夜時間帯にのみ運転されていますが、ダイヤ改正により日中にも設定が拡大します。

なお、成田線では深夜時間帯に千葉駅〜成田駅間で普通列車が1往復削減されます(ダイヤ改正により運転時刻・区間等が変更となる列車の時刻など詳細は下の図表を参照)。

【時刻表で解説】JR東日本 2023年3月18日(土)ダイヤ改正 房総エリア

総武本線・内房線で最終列車繰り上げ

総武本線は、千葉駅23:50発の横芝駅行最終列車について、運転区間短縮により成東駅行の最終列車となります。これにより、松尾駅と横芝駅への最終列車は千葉駅22:33発の銚子駅行となり、1時間17分の繰り上げとなります。

Hotels.com
会員なら、ログインすると世界中の 10 万軒以上のホテルが 10% 以上 OFF
ホテルを探す (提供:Hotels.com)

このほか、千葉駅21:57発の成東駅行普通列車は横芝駅行に延長され、東京駅発の特急「しおさい13号」から成東駅で新たに乗り継げるようになります。

内房線では、千葉駅22:03発の千倉駅行最終列車が館山駅行に短縮されることに伴い、ダイヤ改正後は木更津駅21:49発が九重駅・千倉駅までの最終列車となります。なお、この列車は千葉駅21:05発の君津駅行普通列車から接続を受けて出発します。また、館山駅以南では夜時間帯の下り列車に運転区間の変更が発生し、千歳駅〜安房鴨川駅間の最終列車は現行よりも20分程度繰り下がります。

房総エリアではそのほか、平日の朝・夕夜時間帯に運転している一部の久留里線列車について、ダイヤ改正後は4両編成から3両編成に減車されます。