小田急「箱根フリーパス」大人料金を値上げ 新宿発2日間版は6,100円に 小児は据え置き

小田急電鉄は、「箱根フリーパス」などおトクなきっぷの大人料金を2021年10月1日(金)に改定します。

箱根ロープウェイから眺める芦ノ湖と箱根海賊船、箱根登山バス(みぃこ❁/写真AC)
箱根ロープウェイから眺める芦ノ湖と箱根海賊船、箱根登山バス(みぃこ❁/写真AC)

価格改定されるのは、企画乗車券「箱根フリーパス」および、スマートフォンのMaaS(Mobility as a Serviceの略)アプリ「EMot(エモット)」で発売されている「デジタル箱根フリーパス」です。10月1日(金)から大人料金が全区間一律で400円値上げされます。例として、新宿駅発の場合、2日間有効版が現行の5,700円から6,100円に、3日間有効版が現行の6,100円から6,500円にそれぞれ改定されます(箱根フリーパス、デジタル箱根フリーパスは同額)。小児料金のおねだんは据え置きです。9月30日(木)までにチケットを購入(有効化)した場合、有効期間に改定日以降の期間が含まれていても現行料金でそのまま利用できます。

箱根フリーパスは、小田急線発駅から小田原駅までの往復割引乗車券と、箱根エリアにある小田急グループ8つの交通機関の指定区間が乗り放題となる周遊乗車券がセットになっています。また、箱根エリアの観光施設や美術館、飲食店での優待・割引などの購入者特典が付いています。プランにあわせて「2日間有効」「3日間有効」から選ぶことができます。

箱根の8つの交通機関を乗り継ぎ、小田原から箱根湯本、強羅、大涌谷、芦ノ湖などを周遊するルートは「箱根ゴールデンコース」として定番となっています。新宿発着で箱根ゴールデンコースを周遊した場合、通常の運賃を合算すると7,150円かかりますが、箱根フリーパス2日間版なら6,100円で、1,050円おトクになります(箱根登山電車 彫刻の森駅で途中下車した場合)。

箱根フリーパスは有効開始日の1か月前から小田急線各駅窓口、自動券売機、小田急トラベル各営業所および主な旅行会社等で発売されます。なお、特急ロマンスカーに乗車する場合は、別途特急券が必要です。

また、デジタル箱根フリーパスは、スマートフォン一つで購入から利用までが完結する、箱根フリーパスの電子チケットです。各交通機関や施設では画面を提示するだけで利用できるほか、地図上に優待施設を表示させることもできます。グループでお出かけの際には、代表者が複数のチケットを購入し、同行者のスマートフォンに1枚ずつ送信できる譲渡機能を使うこともできます。

なお、今回の価格改定にあわせ、訪日外国人旅行者向け商品「富士箱根パス」および「箱根鎌倉パス」についても、同様に大人料金が改定されます。

【図表で解説】小田急 「箱根フリーパス」 2021年10月1日(金)料金改定

小田急グループは箱根エリアにおいて近年、早雲山駅舎の全面改装、箱根観光船の新型海賊船就航、箱根登山ケーブルカーの車両更新のほか、よりわかりやすい運行情報ディスプレイへの更新などを実施してきたとしています。充実した観光ルートの構築やサービス向上に加え、今後は大涌谷での安全対策を含む自然災害への備えなどに取り組み、より安心して楽しめる「世界に誇る観光地・箱根」の実現を目指すとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉