【週間TOP5】12,000円でJR北海道6日間乗り放題 「足湯新幹線」の引退はもったいない

「[WTM]鉄道・旅行ニュース」で先週、最も読まれた記事をおさらい。2021年10月31日版の週間アクセスTOP5をカウントダウンします。

新庄駅に停車中の山形新幹線E3系「とれいゆ つばさ」編成(ちゃんこちゃんこ/写真AC)
新庄駅に停車中の山形新幹線E3系「とれいゆ つばさ」編成(ちゃんこちゃんこ/写真AC)

JR東日本の新幹線は、利用低迷のため運休を予定していた一部の列車について運休を撤回し、通常通り運転することを発表しています。また、JR北海道は特急列車を含めて6日間乗り放題のおトクなきっぷを50%オフで発売します。「鉄道・旅行ニュース」を看板とするニュースサイトを運営している者として、移動需要の回復は素直に喜ばしいことです。一方で、新幹線車両を改造したユニークなコンセプトのリゾート列車が2022年春をもって運行終了するニュースも入ってきました。

5位: 東北・秋田新幹線 運休予定の列車を通常通り運転へ 11月の運転計画を再変更 JR東日本

JR東日本は、新型コロナウイルスの影響により2011年11月8日(月)から当分の間、東北・秋田新幹線で計7本の列車の運転を取り止めるなど運転計画の変更を表明していました。今回、追加で発表された内容によると、運休を予定していた列車について、11月8日(月)〜30日(火)は一部の期間を除いて通常通り運転されることになりました。緊急事態宣言の解除などに伴う最近の利用状況の回復を反映したとしています。

最初の運休計画が発表されたのは9月27日(月)で、この頃はすでに「第5波」の波がかなり収まりつつあり、旅行需要の復活が伝えられていた時期でした。現状と少し合っていないのではと心配していましたが、軌道修正されたようでひと安心です。コロナ禍の情勢変化が目まぐるしい中でのダイヤ調整の難しさを感じます。

東北・秋田新幹線 運休予定の列車を通常通り運転へ 11月の運転計画を再変更 JR東日本

4位: 今まで割安でした グリーン料金を来春値上げ JR東日本の新幹線・特急 グランクラスも

JR東日本は、東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線のグリーン車・グランクラス、在来線特急列車のグリーン車などに適用する料金を2022年春から値上げすると発表しました。JR西日本も、JR東日本に準拠するかたちで北陸新幹線に対するグリーン車・グランクラスの料金を値上げします。利用する距離により異なりますが、グリーン料金・グランクラス料金とも1,000円以上値上げとなる区間が発生します。

表題の「今まで割安」とは、JR東日本が独自で実施してきたグリーン料金の低廉制度を意味します。2022年に東北新幹線が八戸駅まで延長する際、利用促進のため他のJRより割安なグリーン料金を導入しました。今回の改定により、一部の距離帯を除いてJR6社共通の料金体系とするべく価格を引き上げるということのようです。

今まで割安でした グリーン料金を来春値上げ JR東日本の新幹線・特急 グランクラスも

3位: JR北海道「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」 50%オフの12,000円 特急も全線乗り放題

JR北海道は、在来線全線が連続6日間乗り放題となるおトクなきっぷを、北海道の助成事業「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」を活用し、通常価格の24,000円から50%オフとなる12,000円で発売します。特急列車を含む普通車自由席が乗り降り自由で、普通車指定席も4回まで利用可能です。利用期間は2021年11月6日(土)〜2022年3月31日(木)です。

「青春18きっぷ」よりも割安になると話題のきっぷですが、補助金の上限に達した場合は発売終了となる点は注意が必要です。2020年夏にも同内容で発売されましたが、好評を得てわずか2か月あまりで発売が終了しました。また、JR北海道の駅以外では購入できず、利用開始日の前日までの発売であることも、特に本州からの遠征をお考えの方は留意しておきましょう。

JR北海道「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」 50%オフの12,000円 特急も全線乗り放題

次ページ: 週間アクセス2位と1位は?

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉