北海道から鹿児島までチケットレス化完成 九州新幹線で「EXサービス」 おトクな早特も

JR東海・JR西日本・JR九州の3社は、東海道・山陽新幹線のチケットレス乗車「EXサービス」について、2022年6月25日(土)から九州新幹線でのサービスを開始します。

鹿児島中央駅の九州新幹線改札口(キューティー吉本/写真AC)
鹿児島中央駅の九州新幹線改札口(キューティー吉本/写真AC)

九州新幹線もきっぷ受取不要に

EXサービスは、一年中いつでもおトクな価格で指定席を利用できる年会費1,100円の「エクスプレス予約」と、年会費無料で気軽に始められる「スマートEX」の総称です。新幹線の利用時にきっぷを受け取る必要がなく、専用ICカードまたは交通系ICカードを改札機にタッチするだけでスピーディに乗車できます。スマートフォンやPCから簡単な操作でいつでも予約でき、九州内および九州〜本州間の主要区間には早めの予約でさらにおトクな「EX早特」商品も設定されます(主な区間のおねだんは下表を参照)。

九州新幹線(博多駅〜鹿児島中央駅間)を含む区間は、EXサービスでは6月25日(土)5:30以降に予約が可能となります。今回のサービスエリア延伸により、東海道・山陽・九州新幹線の全線(東京駅〜鹿児島中央駅間)がチケットレスでシームレスに利用できるようになります。また、東北・北海道・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線では「新幹線eチケットサービス」がすでに提供されており、日本の新幹線全区間でのチケットレス乗車が可能になります。

【図表で解説】JR九州 「EXサービス」の利用可能エリアを九州新幹線に延伸

JR九州は、福岡県出身の博多華丸・大吉さんをイメージキャラクターに起用し、きっぷ受取が不要となるEXサービスの便利さをポスターやリーフレット等で告知していきます。また、エクスプレス予約が利用できる新しいクレジットカード「JQ CARDエクスプレス」の会員を6月10日(金)から募集開始し、入会・利用によりポイントをプレゼントするキャンペーンを展開します。

なお、「JR九州インターネット列車予約」で購入可能な一部の企画乗車券については、EXサービスの九州延伸に合わせて設定縮小や価格見直しが行われます。また、山陽新幹線を中心に、一部のEXサービス商品で値上げとなる区間が発生します。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉