西九州新幹線「かもめ」1日47本 速達タイプも 対面乗換リレーで博多〜長崎間30分短縮

JR九州は、2022年9月23日(金・祝)に開業する西九州新幹線(武雄温泉駅〜長崎駅間69.6km)と、武雄温泉駅で接続する在来線リレー特急列車のダイヤを発表しました。

西九州新幹線長崎駅に停車中のJR九州「かもめ」N700S試運転列車(トラムーる/写真AC)
西九州新幹線長崎駅に停車中のJR九州「かもめ」N700S試運転列車(トラムーる/写真AC)

武雄温泉で「リレーかもめ」と接続

現在、博多駅〜長崎駅間を運転している在来線特急「かもめ」の愛称は、西九州新幹線へと引き継がれます。新幹線「かもめ」の1日あたりの運転本数は全線運転の44本と、新大村駅〜長崎駅間の区間運転3本の計47本です。日中時間帯は1時間あたり片道1本の運転ですが、朝・夕通勤時間帯は片道2本の運転となります。速達タイプの列車も設定され、途中、諫早駅にのみ停車(嬉野温泉駅・新大村駅を通過)する最速列車は新幹線区間を23分で走行します。

在来線区間の博多駅〜武雄温泉駅間には特急「リレーかもめ」が運転され、武雄温泉駅で新幹線「かもめ」と同一ホームでの乗り換えが可能です(対面乗換方式)。一部の新幹線は、特急「みどり(リレーかもめ)」または「ハウステンボス(リレーかもめ)」との接続となります。対面乗換により博多駅〜長崎駅間の運転本数は、現行の在来線「かもめ」と同じ44本が維持されます。

武雄温泉駅での乗換時間は約3〜6分です。これを含めても所要時間は従来より30分短縮され、博多駅〜長崎駅間は最速1時間20分、新大阪駅〜長崎駅間は最速3時間59分と、新幹線の速達性が発揮されます。なお、武雄温泉駅で接続する新幹線と在来線特急は1本の列車とみなし「博多行」「長崎行」として案内され、きっぷも1枚で発売されます(路線図、運行体系、行き先字幕のイメージなど詳細は下図を参照)。

【路線図で解説】JR九州 2022年9月23日(金・祝) 西九州新幹線開業 ダイヤ発表

西九州新幹線「かもめ」に使用される車両は、東海道・山陽新幹線の最新車両N700Sの6両編成バージョンです。「九州らしいオンリーワンの車両」にアレンジされており、和洋折衷、クラシックとモダンの組み合わせが表現されたインテリアデザインが特徴的です。全席でモバイル用コンセントが利用できるほか、1〜3号車の指定席車両はゆったりした2席+2席のシート配置になっています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉