乗車で貯まる「小田急おでかけポイント」4月開始 最大1600ポイント付与キャンペーン

小田急電鉄は、交通系ICカード「PASMO」で小田急線を利用するとポイントが貯まる新サービス「小田急おでかけポイント」を2022年4月1日(金)に開始します。

(2022年4月13日) 図表の誤りを訂正しました。

小田急5000形電車(忍者くん/写真AC)
小田急5000形電車(忍者くん/写真AC)

新しい生活様式による定期券を持たない通勤スタイルや、ICカードによる子どもの乗車が一律50円となることを受け、小田急線のさらなる利用促進のために導入されます。

大人の場合、同一月内、同一運賃区間ごとに2回以上乗車するとポイント付与対象となります。ポイント付与率は乗車回数に応じて乗車運賃の0.5%から最大12%まで段階的に変動します(詳細は下図を参照)。また、小児の利用については1回目から一律で2%付与されます。付与されるのは「小田急ポイント」で、貯まったポイントは1ポイント=1円として小田急沿線を中心とした約1,100の加盟店で買い物などに利用できます。

「小田急おでかけポイント」の利用には、小田急電鉄が運営するサービスサイト「ONE(オーネ)」への会員登録(無料)とPASMO(カードまたはモバイル)の登録が必要です。ポイントはONE IDに登録した「小田急ポイントカード(OPカード)」に付与されます。OPカードをお持ちでない方は、自動で発行されるデジタルタイプのOPカードを利用することができます。

【図表で解説】小田急 「小田急おでかけポイント」サービス開始

さらに、サービス開始日から2022年9月30日(金)までの半年間、「小田急おでかけポイント」に登録・利用した方へ小田急ポイント最大1,600ポイントがプレゼントされる「おでかけポイント始まる! キャンペーン」も実施されます(詳細は上表を参照)。

なお、同一区間を複数回または複数名で利用する際におトクな回数券タイプの乗車券「小田急チケット10(レギュラー・オフピーク・ホリデー)」については、2022年7月31日(日)終電をもって発売が終了します。身体障害者用・知的障害者用・通信教育通学用など特殊割引回数券の発売は継続します。小田急電鉄は、今後は小田急ポイントをPASMOへチャージできるようにするなど、より利便性を高めていきたいとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉