英国ロンドン〜スコットランドに「LCC高速列車」 車両は日立製 3,850円で4時間半の旅

エディンバラ・ウェイバリー駅荷停車中のルモ クラス803電車(MrBoyt/Wikipedia, CC BY-SA 4.0)

イギリスの首都ロンドンとスコットランドを結ぶ新たな鉄道運行会社「ルモ(Lumo)」が2021年11月25日(木)に営業運転を開始しました。

全文を読む

【週間TOP5】「SRTレッドライン」タイに新風 「新幹線回数券」消滅で大打撃のお店は

東海道新幹線名古屋駅ホームにある発車標(SATO3/写真AC)

「[WTM]鉄道・旅行ニュース」で先週、最も読まれた記事をおさらい。2021年8月8日版の週間アクセスTOP5をカウントダウンします。

全文を読む

ソウル地下鉄7号線の石南〜富平区庁間が22日開業 仁川2号線からソウル江南へ一直線

ソウル地下鉄7号線で使用されているソウルメトロ7000系電車(스마트랜스/Pixabay)

ソウルメトロは、ソウル地下鉄7号線の石南駅(761: 석남 / ソクナム)〜富平区庁駅(759: 부평구청 / プピョン グチョン)間を2021年5月22日(土)に開業しました。

全文を読む

【特集】日本初! 横浜に4月22日開業 海外で活躍する「都市型ロープウェイ」とは?

建設中の「YOKOHAMA AIR CABIN」支柱

横浜市は、建設中の桜木町駅と新港ふ頭を結ぶ都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」について、2021年4月22日(木)に運行を開始すると発表しました。

全文を読む

高雄ライトレールの2つの延伸区間が12日開業 環状路線の南半分が完成

高雄ライトレールで営業運転されているスペインCAF社製の超低床車両

高雄メトロ(高雄捷運)は、LRT路線「高雄ライトレール」(高雄輕軌)の2つの延伸区間を2021年1月12日(火)に開業し、計画されている環状路線のうち南半分での営業運転を開始しました。

全文を読む

イギリス最古参82歳の元ロンドン地下鉄車両が引退 ワイト島アイランド・ライン

1938年に製造されたロンドン地下鉄の車両が2021年1月3日(日)、イングランド南東部ワイト島の鉄道路線「アイランド・ライン」で最後の走行を行い、82年間の現役生活にピリオドを打ちました。

全文を読む

バンコク「ゴールドライン」が新規開業 「BTSスクムウィット線」はさらに延伸

BTSスカイトレインの車両

BTSグループ・ホールディングスは、「BTSスカイトレイン スクムウィット線」の北部延伸区間と、新しく運営する「ゴールドライン」を2020年12月16日(水)13時に同時開業しました。

全文を読む

パリ地下鉄14号線 サン=ラザール〜メリー・ド・サン=トゥアン間が延伸開業

パリ地下鉄14号線 サン=ラザール〜メリー・ド・サン=トゥアン間が延伸開業

パリ交通公団(RATP)は、地下鉄14号線「サン=ラザール駅」〜「メリー・ド・サン=トゥアン駅」間の延伸区間を2020年12月14日(月)に開業しました。

全文を読む

ソウル首都圏で夜間の電車本数をさらに削減 新型コロナ拡大止まらず

ソウル地下鉄1号線・4号線ソウル駅入口 ©Katsumi

新型コロナウイルス感染拡大防止策が強化されることに伴い、ソウル首都圏では先月に続き、2020年12月8日(火)から夜間の電車運転本数がさらに削減されます。

全文を読む

KTXは窓側席のみ発売 新型コロナ防疫レベル引き上げにKORAILが対応

ソウル駅に停車中のKTX車両 ©Katsumi

韓国鉄道公社(KORAIL)は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2020年12月8日(火)〜12月28日(火)までの期間、「KTX」などの乗車券を窓側席に限定して販売することを決定しました。

全文を読む

ソウルの電車・地下鉄が深夜の運行を削減 新型コロナウイルス感染再拡大

ソウルメトロ・牛耳新設線の新設洞駅(シンソルドン、신설동)

韓国国内で新型コロナウイルス感染者が再び急増している状況を受け、ソウル首都圏の電車・地下鉄の夜間運行が削減されています。

全文を読む

台中メトロ緑線が車両トラブルにより試験運転を中断

台中メトロは、試験運転中の緑線で2020年11月21日(土)に車両トラブルが発生したため、問題が解決するまでの間、運行を中断すると発表しました。台湾中部で初めての都市鉄道となる台中メトロ緑線は2020年11月16日(月)以降、乗客に開放しながら試験運転を行っていました。

全文を読む

【まとめ】新型コロナウイルス感染拡大の影響による鉄道運行状況〜フランス編(2020年11月21日現在)

パリ地下鉄サン=ミシェル駅

新型コロナウイルスによる深刻な感染拡大を受け、2020年10月30日から2度目の全土封鎖(ロックダウン)が実施されているフランス。外出理由として認められているのは通勤、通学、通院、買い物、軽い運動などに限られ、正当な目的で外出している旨を記入した証明書を携行することが必須となっています。

全文を読む

【まとめ】新型コロナウイルス感染拡大の影響による鉄道運行状況〜イギリス編(2020年11月20日現在)

セント・パンクラス・インターナショナル駅に停車中のユーロスター

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、イギリス(イングランド、スコットランド、ウェールズ)国内で鉄道などの公共交通機関で移動する際、マスクなどのフェイスカバーを持参・着用することが義務付けられています。

全文を読む